管理栄養士 宗像 伸子先生

カルシウムクッキング

  • 管理栄養士 宗像 伸子先生
  • 監修指導
    宗像 伸子先生(管理栄養士)
  

No. 107 牛肉のチーズピカタ乳製品野菜

卵の衣でボリュームも栄養もアップ

牛肉のチーズピカタ

1人分のカルシウム量
202mg
1人分のカロリー
342kcal
1人分の塩分
1.8g

骨粗鬆症の治療のための1日のカルシウム摂取推奨量:700~800mg

材料(2人分)

牛肉のチーズピカタ

【調理時間 約30分】

牛もも薄切り肉 140g
塩、こしょう 各少々
切れてるチーズ 4枚(30g)乳製品
小麦粉 大さじ1
大1/2個
粉チーズ 小さじ2
小さじ2
(A)
トマトケチャップ 小さじ2
ウスターソース 小さじ1
チンゲン菜 120g野菜
大さじ1/2
塩・こしょう 各少々
にんじん 60g
バター 小さじ1/2
少々

作り方

牛肉のチーズピカタ

  1. 1)牛肉は広げて塩、こしょうをふり、チーズをのせて巻く。
  2. 2)卵は溶いて粉チーズを混ぜる。
  3. 3)1)に小麦粉をまぶし、2)をたっぷりつけ、フライパンに油を熱したところに入れ、中火で両面焼く。
  4. 4)チンゲン菜は4cmの長さに切って油で炒め、塩、こしょうをふる。
  5. 5)にんじんは食べやすい大きさに切り、小鍋にかぶるくらいの水、バター、塩を入れて柔らかく煮る。
  6. 6)器に(A)を敷き、3)を盛り、4)、5)を添える。

ひとくちコメント

骨の健康に必要な栄養素はカルシウムだけではありません。骨の土台(骨組み)のタンパク質もしっかり摂りましょう。

  • 管理栄養士 宗像 伸子先生
  • 監修指導 宗像 伸子先生(むなかたのぶこ)(管理栄養士、食生活アドバイザー)
  • ヘルスプランニング・ムナカタ 主催/東京蒙政学院大学 客員教授
    生活習慣病を予防する「料理サロン」開設
    財団法人国民栄養協会「有本邦太郎賞」受賞(1994年度)

    山王病院、半蔵門病院に管理栄養士として長年勤務の経験を生かし、病状に合わせて患者さんに優しいメニューを開発。予防医学をサポートし、元気な健康社会を創造するため、食事はヘルシー、美味しさ、楽しさを追及、健康は「生活習慣病の予防知識と食事の質のバランス」を意識付けする食生活の指導、普及に活躍。
    メディア、講演、執筆や書籍を通じ、健康を維持する食生活のあり方を中心に広く情報発信。
  
  • 管理栄養士 宗像 伸子先生
  • 監修指導

    宗像 伸子先生(管理栄養士)
  • ヘルスプランニング・ムナカタ 主催/東京蒙政学院大学 客員教授
    生活習慣病を予防する「料理サロン」開設
    財団法人国民栄養協会「有本邦太郎賞」受賞(1994年度)

    山王病院、半蔵門病院に管理栄養士として長年勤務の経験を生かし、病状に合わせて患者さんに優しいメニューを開発。予防医学をサポートし、元気な健康社会を創造するため、食事はヘルシー、美味しさ、楽しさを追及、健康は「生活習慣病の予防知識と食事の質のバランス」を意識付けする食生活の指導、普及に活躍。
    メディア、講演、執筆や書籍を通じ、健康を維持する食生活のあり方を中心に広く情報発信。
  

TOPへ戻る