骨粗鬆症Q&A

カルシウムを効果的に摂る方法を教えてください

背景
(神奈川県:66歳女性)骨粗鬆症の予防をしようと思っています。カルシウムが不足すると骨量が減ると聞きましたが、食が細く、牛乳・乳製品も苦手なので、食事でカルシウムをたくさん摂ることはできません。カルシウム剤でも効果はあるのでしょうか。また、カルシウムは1日のうちでいつ摂ると良いのでしょうか。毎日摂り続けないといけないのでしょうか。

食品でもカルシウム剤でも、カルシウム源としては同じで、骨粗鬆症予防に役立ちます。食品中のものでも、また薬の中に含まれているものでも、カルシウムのほとんどは炭酸やリン酸などと固く結合した物質でできているため、まず胃酸で溶かされないと体内では吸収されません。

食品の方が吸収に役立つ物質を含むうえに、他の微量なミネラルやビタミンも一緒に摂れますのでお勧めですが、どうしても食が細い場合にはカルシウム剤も効果はあります。

人間の体を作っている約60兆個の細胞は血液中のカルシウムを使って活動しています。寝ている間でもカルシウムを必要とするため、食べ物や飲み物を口にしない就寝中は血液中のカルシウム濃度が下がり、骨を溶かして血液にカルシウムを送り込もうとする作用が強まります。これが骨を弱くする原因となりますので、毎日夕食時にカルシウムをたっぷりと摂り、血液中のカルシウムの量が十分に保たれるようにすることが大切です。

人間の体は、血液中のカルシウム濃度を常に一定に保つよう調節する仕組みが働いています。このためカルシウムは摂り貯めがききませんので、毎日、摂り続けることが大切です。

カルシウムが含まれた健康食品でも効果があるのですか

背景
(神奈川県:51歳女性)骨粗鬆症の予防や治療には、牛乳など、カルシウムを多く含む食品が良いと聞きましたが、乳製品を摂るとお腹をこわしやすいため、悩んでいます。テレビなどで「カルシウム配合」といった食品を宣伝していますが、こういった食品でも効果があるのでしょうか。

カルシウムを含んだ健康食品でも、薬と同じような効果があります。カルシウムは、酸素やナトリウムと同様に、海水や土など、いろいろなところに存在する元素です。カルシウムを含有する健康食品の多くは、海草や貝殻、真珠などを原料とし、水溶液に混ぜて飲みやすくしたり、粉末を生クリームなどに混ぜて食べやすくしたものです。

湿気や熱によって簡単に壊れてしまうビタミンCや薬品とは異なり、カルシウムは熱によって変化しないという性質があるため、健康食品が作られる過程でカルシウムが変性したり、壊れて減少することはほとんどありません。よって、規定量の健康食品を摂れば、骨を強くするという効果は得られるでしょう。

薬は、1錠に含まれる薬品の含有量や、溶解する時間、効果などについて、国の厳しい基準を満たしたものしか販売することはできませんので、薬品の専門知識がなくても、より安心して使うことができます。健康食品も、ほとんどは薬に劣らない品質管理がされています。

ただ、例えば1日のカルシウム摂取量を200~400mg増やしたい場合、牛乳で補えば100円以内で収まります。高価な健康食品を買わなくても、小魚・豆類などの食品を摂っていれば、カルシウムとともに他の栄養素もたっぷりと補給することができます。

若い女性のダイエットは、将来、骨への影響はあるでしょうか

英語の「ダイエット」は、食事そのものを指しますが、日本語で「ダイエット」というと食事制限の意味になります。食事で摂るカロリーが、消費するカロリーよりも多くなると、余分なカロリーが脂肪として体内にたまって肥満になります。

そこで、食事全体のカロリーを減らして体重を減少させるのがいわゆるダイエットで、中高年で、肥満や糖尿病の人には正しい医学的な治療法です。ポイントは、必要な栄養分は十分に摂りながら、脂肪や糖分など、カロリーの高い食物を減らしていくことです。

若い女性でも、明らかに肥満の人は食事制限で体重を減らすことが必要ですが、あまり太っていないのに、美容上の必要からダイエットに走るのは間違いです。若い頃はカルシウムを十分に摂り、「ピークボーン(最大骨量)」を高めて骨粗鬆症にならないようにすることが大切です。カロリーを制限することで、カルシウムまで減らしては将来大変なことになります。

TOPへ戻る