検査・治療について

骨粗鬆症治療のお薬について

現在、骨粗鬆症の治療に使われるお薬として骨がけずられるのを抑えるお薬(骨吸収抑制作用)と、骨を作るように促すお薬(骨形成促進作用)との2種類があります。骨吸収を抑制するお薬としてはカルシトニン、ビスホスホネート剤、選択的エストロゲン受容体修飾薬(SERM)などがあります。最近登場したテリパラチドは骨形成を促進するお薬です。

主な治療薬

  • 注射注射
  • 内服薬内服薬
  • 点滴点滴
  • 注射
テリパラチド 新しい骨が作られるのを促します。
  • 注射
カルシトニン 骨粗鬆症に伴う痛みを和らげる作用があります。
また、骨からカルシウムが溶けだすのを抑えます。
  • 注射
  • 内服薬
  • 点滴
ビスホスホネート 骨からカルシウムが溶けだすのを抑えます。
  • 注射
抗RANKL抗体 骨からカルシウムが溶けだすのを抑えます。
  • 内服薬
SERM(サーム):選択的エストロゲン受容体修飾薬 骨からカルシウムが溶けだすのを抑え、骨質を改善します。
  • 内服薬
活性型ビタミンD 食べ物からのカルシウム吸収を助け、また骨が作られるのを助けます。
  • 内服薬
ビタミンK 骨が作られるのを助けます。
  • 内服薬
カルシウム 食事から補いきれないカルシウムを補給します。

TOPへ戻る