骨粗鬆症Q&A

腰の痛みが続くため受診したところ、骨粗鬆症による腰椎の骨折と診断されました。この痛みはずっと続くのでしょうか

背景
(静岡県:80歳女性)骨粗鬆症と診断され、食事と運動で治療していましたが、尻もちをついて倒れ、骨粗鬆症による「脊椎椎体(せきついついたい)圧迫骨折」と診断されました。寝込まないようコルセットをつけて痛みを抑えつつ治したのですが、半年経った今でもときどき激しく疼きます。こんなことがあるのでしょうか。

骨粗鬆症の骨折で最も多いのが背骨や腰骨の骨折です。骨折には、少しずつ骨が潰れていき、気がついた時には骨が半分ぐらいの大きさになっている「脊椎椎体変形」や、骨が割れるように潰れる場合があり、「脊椎椎体圧迫骨折」はこの典型的なものといえます。

脊椎椎体圧迫骨折は、尻もちをつくなど、腰骨に大きな力が一度に加わった時に起こりますが、脊椎椎体の骨は血液が多く、スポンジのように入り組んでいるので、すぐに骨はくっつきます。
ところが、最近の人口の高齢化で増加している脊椎椎体圧迫骨折の中には、いつまで経っても骨がつかない脊椎椎体圧迫骨折もあることがわかってきました。

骨がつかないのはひびが何重にも入り、脊椎椎体の中央部につながる血管が遮断され、中央部の骨を作る細胞が増えてこないのが原因です。また、骨折後、動かすのが早すぎて骨がつく状況にならないことも原因となります。

骨折してから骨がつかないままの状態を「偽関節(ぎかんせつ)」といい、脊椎のレントゲン検査やMRl検査で見つかります。偽関節により強い痛みがある場合は、骨折部をつきやすくする手術がありますので、主治医の先生にもう一度、診察してもらってください。

痛みがなくなっても治療を続ける必要があるのでしょうか

背景
(鳥取県:68歳女性)半年ほど前、孫を抱き上げたとたん、腰から背中、胸がひどく痛みました。病院で診てもらったところ、骨粗鬆症により背骨が潰れていると診断されました。痛みのひどかった2週間ほどは家で休んでいて、その後は注射と飲み薬による治療を続けています。最近では痛みはすっかりなくなりましたが、今後も治療を続ける必要があるのでしょうか。

骨粗鬆症では、振り向いたり、物を持ち上げたりした時など、ささいな動作で腰骨や背骨が潰れてしまうことがあります。骨が潰れると腰や背中に激しい痛みが生じ、横向きに休む以外に身動きができなくなることも珍しくありません。

しかし、治療に何週間もかけると筋力が落ち、再び歩くのが困難になることもありますので、早く治す必要があります。そのため、強い作用をもつ痛み止めの薬とカルシトニン製剤の注射で痛みを抑え、コルセットなどを使って、3~4週間以内に、立つ、歩くなどの訓練をして治します。

腰や背中の痛みがなくなっても、骨粗鬆症自体は治っていません。再度、ささいな動作で背中や腰の骨を潰すことがないよう、治療を続けて骨を根本的に強くする必要があります。日常生活では「カルシウムの多い食事」、「適度な日光浴」、「毎日の運動」の3つを守り、それに薬による治療を加えると有効です。

骨を強くする薬には、注射薬としてはテリパラチド製剤、カルシトニン製剤、内服薬としては活性型ビタミンD3、ビタミンK2、サーム(選択的エストロゲン受容体修飾薬)、ビスフォスフォネートなどがあり、年齢や症状に合った薬が処方されます。根気よく治療を続けて骨を強くし、再び骨を潰さないようにすることが肝心です。

腰や膝、最近では背中も痛むのですが

背景
(群馬県:36歳女性)2、3年前から腰や膝に痛みがあり、骨が変形していると診断されました。友人にも猫背と言われます。半年前から背中も痛くて眠れません。処方された薬は胃が痛むので、今は胃薬しか飲んでいません。十二指腸潰瘍、急性膵臓(すいぞう)炎および骨粗鬆症と診断されています。どうすれば痛みが減るでしょうか。

骨粗鬆症による骨折は、腰や背中に激痛を感じますが、骨がつながる2~3週間後には痛みが軽くなってきます。また、背骨が潰れて徐々に変形したり、円背(えんぱい、いわゆる猫背のこと)により筋肉に痛みを感じる場合でも、夜眠れないほどの強い痛みはないのが普通です。

骨粗鬆症以外に十二指腸潰瘍、急性膵臓炎と診断されているようですが、これらの病気でも腰や背中に強い痛みを生じます。痛みの原因が内臓の病気によるものかどうか、その他の病気が影響していないか、よく診てもらった方が良いでしょう。

いずれにしても、骨粗鬆症と診断されて背中が丸くなってきているようですから、骨粗鬆症の治療も必要です。飲み薬以外にも、骨を強くし、骨の痛みを和らげる注射薬や、痛み止めの軟膏・湿布薬により痛みを減らすことができます。また、コルセットやマッサージも効果があります。

何よりも重要なことは、日々の生活習慣です。乳製品、海産物、緑黄色野菜などカルシウムを多く含む食物を摂る、戸外に出て日に当たる、転倒しないように気をつける、毎日適度に体を動かす、などに気をつけましょう。運動は、散歩や買い物など軽いものから始め、徐々に運動量を増やすようにしましょう。骨を強くするには時間がかかりますが、根気よく続けることが大切です。

腰部に激痛があり、脊椎骨粗鬆症、腰椎圧迫骨折と診断されました

背景
(新潟県:79歳男性)自宅で花の手入れをしている時、腰に激痛を感じて入院し、脊椎(せきつい)骨粗鬆症、第1腰椎(ようつい)圧迫骨折と診断されました。退院後、ある大雪の朝にコルセットを着用し忘れて雪落としをし、腰椎に激痛があり再び入院しました。コルセット、腰痛体操、軽い散歩は続けているのですが、このまま進行は続くのでしょうか。薬などの治療は受けた方が良いのでしょうか。

診断内容から、骨量が減っているのは間違いないと思われます。骨粗鬆症は、高齢者や閉経以後の女性に多くみられますが、男性の場合は糖尿病など何らかの病気に伴って起こることが多いため、骨粗鬆症を引き起こしている病気がないかよく調べていただく必要があります。

原因となる病気がある場合は、それを治療すれば骨量も改善されることがありますので、そちらの病気の治療が優先です。特に病気がない場合は、医師と相談のうえ、骨粗鬆症の治療薬を服用すると良いでしょう。

骨量は、女性は閉経期(50歳代)で急激に減少しますが、一定の年齢に達すると、男性・女性ともにそれほど大きく減少しないといわれています。従って、今後はあまり心配せず、今まで続けてきた腰痛体操や軽い散歩を持続すると良いでしょう。ただし、コルセットを長期間装着しますと、逆に腰の筋肉を弱めますので、腰痛が軽くなっているようでしたら、少しずつコルセットを外すようにしてみましょう。

また、高齢者が太ももの付け根を骨折しますと、寝たきりになる恐れがあります。転ばないよう十分気をつけ、日頃から適度な運動(散歩、軽い体操など)を行い、足腰を鍛えておくよう心がけましょう。

TOPへ戻る